顎のずれは万病の元

噛み合わせと身体の不調

長年にわたり歯科技工士として顎関節症の患者様の治療に携わる中で、適切な噛み合わせ治療を受ければ顎関節症をはじめとする体にあらわれている不調が改善することがわかりました。

 

ですが、残念ながらすべての歯科医師が噛み合わせに対して熟知しているわけではなく、また、治療を受けるには金銭的にも高額となりますし、歯科治療を受けたことで、顔にゆがみがでた、顎関節症、首の痛みや頭痛など、身体の不調が余計にひどくなってしまったという方も少なくありません。

 

バイトバランス整体院には、歯列矯正や歯科治療などで歯を削られたり抜歯をしたなど、今までの噛み合わせが変わることで、顎や身体のバランスがくずれ、さまざまな不調に悩まされている方が多数ご来院されています。

 

噛み合わせ自体を治すのは歯科でしか治せませんが、顎の位置や身体のバランスを無視しては良い結果は望めません。

 

顎関節は身体の中でも特殊な関節で、下顎は歯列の位置に合わせどんな位置でも移動できる構造になっているので(上顎は頭蓋骨の一部になるので自由に動くことはできません)、生理的に無理な位置に歯列があっても下顎を移動することで噛み合うことができるので、顎関節に負荷をかけてしまいます。

 

上下の歯と歯がしっかりと綺麗に噛み合っていたら一見問題がないように見えますが、実はそうではないのです。

 

歯科では安定した良い顎の位置を中心位といい、上下の歯が噛み合う位置を中心咬合位といい、それぞれ基準が違っていて、中心位とは口を軽く閉じた状態で顎関節が最も自然な位置関係にあることで、歯の噛み合わせとは関係なく、口を開け閉めする筋肉がリラックスした状態にある顎の位置のことになります。

 

中心咬合位とは歯の噛み合わせのみで決まる顎の位置(しっかりと噛んだ状態の顎の位置)で、顎関節や筋肉の状態は関係なく、歯並びや噛み合わせが悪くても、その状態で噛んだ位置が中心咬合位になります。

 

中心位と中心咬合位がずれていると、食事の時や歯ぎしり・食いしばり・噛みしめなどをしている間は、常に噛む筋肉のバランスが崩れていて緊張状態になり、全身のバランスも崩れることで、顎関節症や頭痛、首の痛みや肩こり、自律神経失調症といった不調の原因になります。

 

本来の正しい噛み合わせとは、顎の位置が顎周囲の筋肉がリラックスする位置にあり、本人が心地良いと感じる場所でしっかりと良く噛めて、しかも全身が安定する場所になりますが、顎の状態が非常に安定している人と不安定な人がいて、不安定な人は顎の位置によって噛み合わせの位置が日々変化してしまうため、正しい噛み合わせの位置(理論的には中心位と中心咬合位が一致する場所) を正確に取ることはとても困難なことなのです。

 

噛み合わせ治療や歯列矯正を行っても不調が良くならなかったり、余計にひどくなってしまったとしても、削ったり抜いたりした歯を元に戻すことはできません。

 

噛み合わせ(咬合)治療や歯列矯正を受けるならばなおのこと、今までの歯並びや噛み癖による噛み合わせのロックをはずし、顎周囲の筋肉がリラックスする安定する位置に顎を動かすために、顎周辺の筋肉をはじめとする全身の筋肉を整え、顎の位置と体のバランスを整えることが先決です。

 

 

 

噛み合わせと骨格との関係 

 

下顎の位置は頭の角度や首の傾きに合わせて変化し、頸椎を経由して腰椎や骨盤のずれと直接関わりをもっています。

 

歯を噛み合わせた状態で、顔を右に回したり首を右に傾けてみてください。

右の奥歯が強く噛み合うのが感じ取れるように、姿勢と下顎、頭の位置は密接にバランスを取り合っています。(頸部受容器系深部反射機能) 

 

例えば、頸椎の位置を矯正しても下顎の位置がそれに連動することを拒めば、頸椎はすぐに元の位置に戻っていくことになり、逆に、頸椎の位置が矯正した場所にとどまっている間は下顎の位置も同調しています。 

 

頸椎の位置は腰椎や骨盤と密接にバランスを取っていて、とりわけ上部頸椎と下部腰椎は同じ方向にずれる関係が存在しています。(ロベットブラザー)

 

 チャート.jpg

 

 


噛み合わせと頭蓋骨(顔の歪み)の関係

 

噛み合わせのずれと噛み癖が顔の骨を歪めたり、顔の筋肉(表情筋)を左右で非対称にします。

 

噛む行為に関わる筋肉は、左右対称に頭から首にかけて付いています。

 

噛み合わせが悪いと(噛み合わせのずれ)、左右の筋肉を同じように使って噛んだとしても、上下の歯の噛む面の形が上下で噛んだ時に中心でおさまるように組み合わされていないと、噛みこむ力で左右にすべってずれてしまいます。

 

人が硬いものを強く噛む力は50~60キロと言われており、その力は歯を経由して頭蓋骨全体で受け止めることになります。

 

頭蓋骨は立体的なパズルのように23個の骨が縫合によって結合しており、左右対称に配置されています。

60キロで噛んだ力は上顎骨、頬骨等の顔面骨から蝶形骨、側頭骨、後頭骨、頭頂骨等の頭蓋骨へと伝達され、頭全体で吸収することになります。

 

噛み合わせが悪い方は、この力が頭蓋骨へ均等に分散されず、左右前後のどこかに強い力が加わることで、色々な弊害がでてきます。

 

強い力が加わった側の結合部は圧迫され、回転力として働き、歯車が動くように頭蓋骨が歪み、顔のシンメトリー性も崩れていきます。 

 

鼻筋が曲がり、鼻の付け根あたり(目と目の中間より下)で左右の高さに違いがでる。

 

・左右で目の大きさが違ったり、高さが異なる。
・ほうれい線の深さや角度が左右で異なる。
・エラの張り具合に左右で差がでる。
・耳の位置の高さが左右で異なる。
・頬骨の張り具合に左右で差がでる。

 

上記の1と5が合わさると眼鏡をかけると斜めになる等の現象が発生し、片頭痛や首や肩のコリ、花粉症の悪化や耳鳴り等の原因にもなります。 

 

頭蓋骨がゆがむと、脳への血流が低下して脳にストレスを与えて機能低下を引き起こし、私たちの健康を保つために必要な神経(自律神経)である交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えなくなり、身体の症状のみならず、感情の乱れ、落ち込みなど心にも不調を引き起こします。 (自律神経失調症、不定愁訴、鬱など) 

 

そして、後頭骨にずれが生じることで、連動して全身の細胞をコントロールしている脳からの重要な神経や血管が多く集中している場所である第一頸椎(上部頸椎)にもずれが生じ、脳から背骨の中をとおって全身の細胞へとつながる神経の伝達を妨げてしまい、人間が本来持っているあらゆる病気を自然に治す免疫力・自然治癒力を低下させます。

 

噛み合わせが悪くても、強い力で噛みしめなければ予防はできます。 

 

ですが、人は意識下で極端に強い力で噛むことはあまりなく、物事に集中している時や睡眠中等の無意識下に最も強い力で噛みしめるため、自己防衛することが難しいです。

 

睡眠は人が重力から解放される大切な時間で、身体の歪みを予防する時間でもありますが、噛み合わせが悪い方は、下顎がずれている方向をいつも下にして寝る方が多く、反対を向いて寝にくいことがほとんどで、その状態では寝ている時に身体を歪め、コリを生じさせてしまいます。

 

バイトバランス整体院では、手技によって深層筋のコリをほぐし、顎関節のずれや頭蓋骨のゆがみ、骨格のゆがみを整えるだけでなく、顎周辺の筋肉をニュートラルにすることで顎を正しい位置(安定した良い顎の位置)に移動させ、顎関節や頭蓋骨、頸椎のずれを整え、歯ぎしりや噛みしめによる悪影響も防止できる、オリジナルマウスピース『バイトバランサー』を就寝時に装着することで、顎関節症・頭痛・首の痛みや肩こりなど、さまざまな症状を改善することができます。

 

バイトバランサーは就寝時に装着しても違和感が少なく、寝るときの楽な姿勢を増やして安眠に導く効果があり、コリや歪みを防ぐことができます。

 

また、顔の歪み改善に特化したマウスピース「シンメトリーバランサー」、ご自分で手技をしたのと同様なストレッチが加えられる「シンメトリーバランサー・ビカム」もございます。

 

詳しくは各ページをご参照ください。