歯ぎしり・食いしばりによって起きる不調

 

以下の項目に一つでも該当するものがありますか?

ある場合は、歯ぎしり・食いしばりをしている可能性が高いです。

 

 

 ・自然に唇を閉じたときに上下の歯が当たっている
 ・朝起きると顎、頬やこめかみあたりが怠い
 ・肩こりや首こり、頭痛が慢性的にある
 ・耳鳴りや耳の閉塞感がある
 ・舌の周り(ふち)に歯の跡や頬の内側に白いミミズ腫れのような線がある
 ・仕事後は顎(エラ)のあたりが怠い
 ・顔がこわばる、口の動きが悪い
 ・歯が磨り減って平らになっている
 ・顔が大きくなる(エラがはる)、浮腫む、ほうれい線が目立つ

 

  

人は睡眠中だけでなく、ストレスを感じた時や集中している時など無意識に歯を食いしばる傾向があります。

 

 

 ・作業で集中するとき(事務作業、パソコンなど)
 ・精密作業をしているとき
 ・家事(掃除、料理)
 ・スマホ、テレビ、ゲーム
 ・車の運転
 ・精神的緊張(精神的ストレス)

 

 

いまこうして画面を見ている時も、食いしばっていませんか?

 

 

  

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめによる『噛む力』は、通常の食事(咀嚼)時の約10倍もの力で顎関節に過大な負荷がかかり、頭蓋骨・顔面骨・頸椎など骨格に歪みを波及させ、咀嚼筋(咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋)、表情筋(顔)、胸鎖乳突筋(首)の筋肉にも過大な負荷をかけます。

 

 

 

※下図左から咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋

 

咬筋.png  側頭筋.png  外側翼突筋.png  内側翼突筋.png

 

 

image.png   DSC_3324.JPG 

 

 

 

胸鎖乳突筋と斜角筋は側頭骨から出て咀嚼筋と連動しており、噛む行為は首の骨(第二頸椎)を支点として行います。 

歯ぎしりや食いしばりをしている時は、首への負担は約250キロにもなります。

 

 

咀嚼筋は三叉神経という脳神経が司っているので、咀嚼筋のコリが強くなると、頭痛や目の奥の痛み、めまいや耳鳴りなど悩まされることも多くなります。

 

 

 

 

【骨隆起(口の中や歯茎にコブのようなボコッとしたでっぱり)】

 

torus_charcter_3.pngtorus_mandibulartorus_mild.png torus_palataltorus_severe.png torus_mandibulartorus_severe.png

 

 

強い噛む力が加わることで徐々に形成される骨の塊でできた隆起になります。 

全て骨の為、触るとすごく硬いものになります。

何か歯茎の炎症や、腫瘍などではないので痛みは基本的にありません。

主に、歯ぎしりや食いしばりが強い方に多く見られます。

 

 

骨隆起があっても『私は歯ぎしりはしていません』とおっしゃる方がいらっしゃるのですが、無意識のうちに食いしばったり歯をこすり合わせたりするなど上下の歯が不必要に接触している状態を歯ぎしり(ブラキシズム)といい、睡眠中だけでなく日中起きているときにも生じています。

 

 

横方向にギリギリとこすり合わせるグライディングタイプの歯ぎしりは音がでますが、上下の歯をぐっと噛みしめるクレンチングタイプは音はせず、気づきにくいため周りにも指摘されないので本人も歯ぎしりの自覚がないままですが、骨隆起が出来ているということは強く噛みしめている証拠なのです。

 

 

いつも上下の歯を接触させていませんか?

 

 

接触しているのは会話や食事をする時に1日15~20分程度と言われ、本来、口を閉じているときは上の歯と下の歯の間には安静空隙(あんせいくうげき)と呼ばれる数mmのすき間があります。

ですが、集中している時や緊張している時に上下の歯を接触させてしまう癖のある方が少なくありません。 

 

 

自分では意識せずに上下の歯を持続的に接触させてしまう癖を『歯列接触癖(TCH)』と言い、パソコン作業や家事など、何かに集中しているときや、ストレスを感じているときなどに起こりやすいとされていますが、ストレスに関係なく、リラックスしているつもりの時でも、無意識下で歯列接触が持続していることもあります。 

歯ぎしりや食いしばり、噛みしめのような強い力でなく、軽く上下の歯が接触する程度であっても、筋肉には緊張・疲労が生じます。

口を閉じる筋肉が働くと、顎関節は押えつけられるため、長時間になると関節への血の巡りが悪くなります。

 

 

それが1日何時間にも及ぶことで、顎関節や咀嚼筋、側頭筋などに大きな負担がかかり、顎関節症、顎の疲労感、歯の痛みや歯周病、首こりや肩こり、頭痛、耳鳴り、めまいなど、さまざまな不定愁訴の原因になります。 

 

 

舌の縁がデコボコしていたり、頬の内側に盛り上がった白い線のようなものができていたら、それはTCHによって舌や頬に歯が押しつけられ、歯の跡がついている証拠です。 

 

 

テレビを見ている時やスマホやパソコンをしている時などに起こりやすいので、気が付いたら上下の歯と歯を離すということを繰り返しましょう。 

朝起きた時から首の痛みや肩コリがある方は、睡眠中に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性が高いので、歯ぎしりや食いしばりによる悪影響を防止できる、バイトバランス整体院オリジナルマウスピース「バイトバランサー」のご使用をお勧めします。

 

 

 

 

【頭痛】

頭痛クレイ.jpg 


首や顎付近には沢山のリンパ節があり、そのリンパ節をつなぐようにリンパ管が網目状に配置され、筋肉からの老廃物や余計な水分などがこのリンパ管に流れ込む仕組みになっています。

 

 

歯ぎしり・食いしばりがあると、咀嚼筋や首周辺の筋肉が強い緊張状態になり、その疲労により発生する多量の老廃物がリンパ管に流れ込み、首回りのリンパ管がつねにオーバーフロー状態になり、筋膜がパンパンに緊張してしまう状態となってしまいます。

 

 

歯ぎしり・食いしばりによって首や頭のリンパの流れが悪くなるのです。 

 


歯ぎしり・食いしばりは咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋の4つが持続的に収縮する状態になり、静脈の一部がせき止められて物理的な血管の圧迫を生じさせ、血液の流れも悪くなり、その結果、頭痛や頭が締め付けられるような感覚になります。

これを緊張型頭痛と言います。

 

 

緊張型頭痛は、こめかみ付近を中心に頭が締め付けられるような痛みが多く、低気圧が近づくとパンパンになっていた筋膜が更に拡がり頭痛や首、肩のこりが強くなります。

 

 

せき止められる静脈は比較的表層に近い血管のため、脳の血流にはほとんど影響はありませんので、緊張型頭痛は頭や首周りの筋肉の凝りをほぐすと改善します。

 

 

頭痛の本当の原因が歯ぎしり・食いしばりの場合、その対策を講じなければ慢性的な頭痛の頻度は減っていきません。

鎮痛剤を頻繁に飲むほどの頭痛に悩まれてご来院される方の多くが『歯ぎしり・食いしばり』をされています。

 

 

 

 

【耳鳴り・めまい】

bf3509fc96672ce3e0ea6cc73e50dfe6_s.jpg

 

めまいや耳鳴りのなかには重篤な病気が隠れていて、迅速な対応が必要とされることもありますが、病院で調べてもはっきりとした原因が特定されずに発生していることも多くあります。

 

 

現在の医学では完全に治す特効薬がないため、病院にかかっても対症療法や症状を和らげるだけになってしまうことが多いのです。

 

 

三半規管や蝸牛など内耳の器官は顎の骨のすぐ上に存在しており顎関節からの振動が伝わりやすい位置にあるため、ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)が起こると強い振動が顎関節を介して内耳に伝わりめまいや耳鳴りの原因になります。

クレンチングタイプのブラキシズムがある方は特に振動が強くなる傾向にあります。 

  

 耳の構造図.png 

 

口を開け閉めする際に顎関節が滑らかに動かないと、噛んだ時の振動などの刺激やゆがみによって、側頭骨の内部の空洞にある『三半規管』という平衡感覚を司る器官の機能を乱すことでめまいにつながり、『蝸牛』という聴覚を司る感覚器官に狂いが生じて耳鳴りの原因になります。

 

 

疾患もなく、原因がはっきりしていないめまいや耳鳴りにお悩みの方は、歯ぎしりや噛みしめ癖、顎(顎関節)のずれ、首や肩のコリがある場合が多くみられます。

他にも、原因のひとつにストレスがあり、ストレスはホルモンバランスを崩し、脳を緊張させ自律神経の働きを乱れさせます。 

まいや耳鳴り、難聴がある方は自律神経が狂い始めている場合が多くあるため、自律神経を整えることも必要です。

  

 

また、筋肉のコリ、頸部のゆがみによって発生する血行不良によっても起こるため、顎や首、肩、背中の筋肉のバランスが悪く、ゆがみが原因となっている場合もあります。

 

 

ゆがみは限界に達すると体の各器官の機能が低下し、器官の機能が低下すると、その人の体の弱い部分に症状がでます。

頭痛になる方もいれば、耳周辺の機能がもともと弱い方は、めまいや耳鳴りなどの症状が発生してしまいます。

 

  

  

 

【首の痛み・肩こり】 

 

 18d1f997243c892f45336a13e137dfa4_s.jpg

 

首の痛みや肩のコリの原因は、一般的に同じ姿勢を長時間とる事などでおきる筋肉疲労もありますが、噛む力に伴う頭を支える筋肉疲労による場合が多くあります。

  

 

噛む行為は首の骨(第二頸椎)を支点として行われ、首は噛んだ力の4~5倍の力を受け止めて支えています。

 

歯ぎしりや食いしばりをしている時の力は40~50キロの力を出しているので、首への負担は約250キロにもなり、慢性的な首の痛みや肩こりを起こす原因となります。

 

慢性的な首の痛みや肩こりでお悩みの方は、歯ぎしり・食いしばりの癖がある方が多くいらっしゃいます。

 

 

慢性的な首や肩のコリを改善するためには、睡眠中に筋肉が緊張せず弛緩状態を作り出すことが重要ですから、歯ぎしり・食いしばりによる悪影響を防止して(当院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』)、適切な枕を使用し、良い睡眠がとれるようにしましょう。

 

 

枕は、高めが良い方と低めが良い方がいて、判断基準は歪み方によって身体の重心が前後左右どの方向に偏っているかで違ってきます。(これは筋力検査で簡単に判断がつきます。)

 

 

寝るときに同じ方を下にして横向きでないと眠れないということはありませんか?

そのような方は、噛み合わせのずれがあり、骨格がそれに応じてしまった結果、身体の重心まで偏りがおおきくなってしまっている可能性があります。

 

 

ご自分の重心の位置を知ることはとても大切で、歪みの予防だけでなく、コリや痛みの予防にも役に立ちます。

 

 

 

 

【非歯原性歯痛(歯が原因ではない歯痛)】 

 

歯が痛くて歯科医院でみてもらったが虫歯ではないと言われ、原因がわからないからそのままにしていたら、噛むと激痛を伴うようになってきたので薬で痛みをごまかし続けている、歯科医院でマウスピースを製作して様子をみることになるが症状が変わらないので困っているなど、どこに行ったら良いのかわからず、途方に暮れているといった方はいらっしゃいませんか? 

 

 

奥歯が食事中に痛みだしたので歯科医院を受診したが、虫歯ではないと言われ、原因がわからないためそのまま経過観察していたが噛むと激痛を伴うようになってきたということで当院にご来院された方の場合ですが、その方は、顎は右にずれ、食いしばりが強いせいで右奥歯がすり減っているために、噛み合わせの高さが足りなくなっていたため、咀嚼筋や首、肩の筋肉がとてもこっていて硬く、頭が右に大きくまわせない状態で、その結果、右側頭骨が後ろへずれて歪み、骨盤の歪みも大きく、右足の長さが左に比べて2センチ程短くなっていました。

 

 

噛み合わせが低い側に顎はずれていき、強く噛む癖がおきやすくなり、強く噛む力が発生したことによって、歯自体には原因がないのに歯が激痛を感じるほどにまで負担を感じていたのです。

  

 

虫歯ではないのに痛みが続いたので歯科医院に行ったら抜歯になり、歯を抜いたが痛みは改善しなかったということで当院にご来院された方も、施術と当院オリジナルのマウスピース『バイトバランサー』を装着するようになって痛みが改善された方もいらっしゃいます。

 

歯を抜いたり削ったりしてしまっては元には戻りませんので、抜歯をする前に一度ご相談ください。