歯科医院のマウスピースでは顎関節症が治らない理由

先ず顎関節症になった場合の顎や身体の状態を説明します。

 

 

その人にとっての理想的な顎の位置からずれたところで長期間噛み続けたり過度な力で噛む癖があると、顎関節の可動範囲に偏りがでます。(顎関節は前後・左右・上下に自由に動く関節)

 

下矢印

 

偏りが起こると頭の位置や首の傾斜角度で調整を行いながら顎関節機能を補正します。

 

下矢印

 

それにより頭蓋骨、頸椎が歪み、身体にも不調が発生。

 

 

これが顎関節症といわれる状態です。

 

 

このことから、顎関節症の改善方法は下記の条件を満たせば良いということになります。

 

 

①顎関節の可動範囲を回復する。

 

②顎関節の影響で起こった頭の位置不良や歪み、首の角度不良や歪みを矯正する。

 

 

 

歯科医院で顎関節症改善のために製作するマウスピースは、自由に動く(前後、左右、上下)顎の関節運動にあえて制限を与えて動きを特定の方向(前方が多い)に誘導する形状と上下の顎を固定する形状に設計されています。

 

 

 

特定の方向へ誘導する形状に設計されたマウスピース(前方誘導タイプ)

 

 

 

上下固定する形状に設計されたマウスピース

 

 

 

これらのマウスピースは①の条件を満たしていません。

 

 

 

これでは顎の動きが制約を受け、可動範囲は回復されず、頭部や頸部の特定の筋肉に影響を与えて緊張状態が継続してしまうので症状が改善しません。

 

 


歯科用マウスピースは顎関節が正常な状態で(自由に顎が動き、可動範囲が正常な状態)顎の位置を決めるには有効な装置であるが、症状を改善したり、顎関節の可動範囲を回復するには不向きなのです。

 

 

 

それに対し、当院の整体的咬合学で製作した改善マウスピース・バイトバランサーは、歯科的咬合学とは逆で、自由に動く(前後、左右、上下)顎の関節運動を制限する筋肉の緊張を取り除いて顎関節の可動域を広げ、噛み癖を取り除く目的を備えています。

 

 

 

また、歯科では上記の②を施さず、スプリントやマウスピースの調整をすることで頭部や頸部に反応を起こそうとするため、症状が改善しはじめても時間がかかり、当然ながら費用もかかって非効率ですが、整体施術なら直接症状を取り除くことができるので効率的です。

 



ですから、歯科医院の治療で改善されなかった方でも、当院では①と②の両方の条件を満たすことができるので、平均して3~5回の整体施術とバイトバランサーの夜間の装着で改善に至ります。

 

 

 

どこに行っても改善しない顎関節症でお悩みの方は、一度ご来院ください。