非歯原性歯痛(歯が原因ではない歯痛)

歯が痛くて歯科医院でみてもらったが虫歯ではないと言われ、原因がわからないからそのままにしていたら、噛むと激痛を伴うようになってきたので薬で痛みをごまかし続けている、歯科医院でマウスピースを製作して様子をみることになるが症状が変わらないので困っているなど、どこに行ったら良いのかわからず、途方に暮れているといった方はいらっしゃいませんか?

0934020002.png

 

 

奥歯が食事中に痛みだしたので歯科医院を受診したが、虫歯ではないと言われ、原因がわからないためそのまま経過観察していたが噛むと激痛を伴うようになってきたということで当院にご来院された方の場合ですが、その方は、顎は右にずれ、食いしばりが強いせいで右奥歯がすり減っているために、噛み合わせの高さが足りなくなっていたため、咀嚼筋や首、肩の筋肉がとてもこっていて硬く、頭が右に大きくまわせない状態で、その結果、右側頭骨が後ろへずれて歪み、骨盤の歪みも大きく、右足の長さが左に比べて2センチ程短くなっていました。

 

 

噛み合わせが低い側に顎はずれていき、強く噛む癖がおきやすくなり、強く噛む力が発生したことによって、歯自体には原因がないのに歯が激痛を感じるほどにまで負担を感じていたのです。

 

 

歯科医院で、虫歯ではないのに痛みが続くことで抜歯になったが、歯を抜いたのに痛みは改善しなかったということで当院にご来院された方もいらっしゃいます。

 

 

当院の施術のみで改善された方もいらっしゃいますし、当院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』を装着するようになったことで改善された方もいらっしゃいます。

 

 

歯を抜いたり削ったりしてしまっては元には戻りません。

 

 

虫歯ではないのに歯の痛みがどこに行っても改善しないことでお悩みの方は、一度ご来院ください。