顎のずれ・顔の歪み改善マウスピース

 

【シンメトリーバランサー】

 

   

装着するだけで顎のずれ・顔の歪みを改善する矯正力が働くマウスピースです。
(歯科用スプリントではありません。)

 

  

奥歯に装着し、基本的に昼間の起きている時間に使用するものになります。
(就寝時のご使用は歯ぎしりや食いしばりが強い方の場合は壊れる可能性があります。) 

 

 

IMG_1004.jpg IMG_4489 (2).JPG

 

 

咬合、頭蓋骨、頚椎などの骨格を考察し、一人一人の噛み合わせに合わせて咬合面に突起(色が違っている部分)をつけることで、装着した時に下顎が整った位置に強制的に移動するように製作します。

 

上顎か下顎どちらか一方の左右奥歯各4~6本に装着するので装着していても目立ちません。
(歯並びや噛み合わせなどにより装着本数は異なる場合があります。また上顎か下顎かのどちらになるのかは咬合により決まりますので選択はできません。)

 

   

歪みを整えた状態を脳が記憶し、安定して固定するためには3ヶ月以上かかり、ご自分の癖や姿勢など顔の歪みがおきてしまった原因を改善していくためには時間の経過が必要なため、施術を週に何度も、何ヶ月も継続して通い続けなくてはなりませんが、シンメトリーバランサーを装着していれば、その間は常に顎を正しい位置に矯正する力が働き続けるので、装着している間は常に矯正力が働き続けてくれ、骨は常に骨芽細胞(骨を作る細胞)による形成と、破骨細胞(骨を壊す細胞)による吸収を繰り返して再構築(骨リモデリング)を続けて常に新しく生まれ変わります。

 

1080107.png 

 

下記の画像は、の歯型模型と実際の口元の写真です。
シンメトリーバランサー装着前は、顎がずれて正中線(赤い線)もずれ、口角の高さも左右で違っています。

IMG_0996.jpg IMG_0995.jpg

DSC03482 (2).JPG

 

 

次は、上記模型の方と同じ方がシンメトリーバランサーを装着した模型と実際の口元の写真です。

IMG_1011.jpg IMG_1009.jpg

IMG_1008.jpg IMG_1012.jpg

DSC03483 (ペイント).png

 

  

このように装着している間は顎が整った状態をキープすることができます。

 

 

模型の正中線(赤い線)が揃っているように、実際の口元も口角の高さと正中線が揃っているのがわかります。
(すべての方が見た目における顎が左右で整っている位置、上下の歯の正中が整っている位置と、歯科でいう本来の正しい顎の位置が一致しているとは限りません。)

 

 

シンメトリーバランサーの製作は、バイトバランサーの製作をされた高校生以上の方で、こちらが提案したプログラムに沿って整体施術を受けていただいた方のみを対象としております。
(顎関節部やお身体の状態等によって整体施術の回数や期間は変わりますが、バイトバランサーの装着をしていただいてから3ヶ月経過後が製作の目安となります。)