歯科治療(噛み合わせ)と不調

当院には、歯列矯正や歯科治療を受けてから、顔のゆがみ、顎関節症、首の痛み、頭痛、めまいなど、身体の不調に悩まれているという方が多数ご来院されております。

 

  

長年にわたり歯科技工士として顎関節症の患者様の治療に携わっていた経験から、適切な咬合(噛み合わせ)治療を受ければ、顎関節症をはじめ頭痛、首の痛みや肩こり、めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不定愁訴など、身体にあらわれている不調が改善することがわかりましたが、残念ながらすべての歯科医師が噛み合わせに対して熟知しているわけではなく、また、治療を受けるには金銭的にも高額となります。

 

 

噛み合わせ自体を治すのは歯科でしか治せませんが、顎の位置や身体のバランスを無視した噛み合わせ治療(咬合治療)は良い結果は望めません。

 

 

顎関節は身体の中でも特殊な関節で、下顎は歯列の位置に合わせどんな位置でも移動できる構造になっていて(上顎は頭蓋骨の一部になるので自由に動くことはできません)、生理的に無理な位置に歯列があっても下顎を移動することで噛み合うことができてしまうので、その分顎関節に負荷をかけてしまいます。

 

 

上下の歯と歯がしっかりと綺麗に噛み合っていたら一見問題がないように見えますが、実はそうではないのです。

 

 

歯科では安定した良い顎の位置を中心位といい、上下の歯が噛み合う位置を中心咬合位といい、それぞれ基準が違います。

 

 

中心位とは口を軽く閉じた状態で顎関節が最も自然な位置関係にあることで、歯の噛み合わせとは関係なく、口を開け閉めする筋肉がリラックスした状態にある顎の位置のことになり、中心咬合位とは歯の噛み合わせのみで決まる顎の位置(しっかりと噛んだ状態の顎の位置)で、顎関節や筋肉の状態は関係なく、歯並びや噛み合わせが悪くても、その状態で噛んだ位置が中心咬合位になります。

 

 

中心位と中心咬合位がずれていると、食事の時や歯ぎしり・食いしばり・噛みしめなどをしている間は、常に噛む筋肉のバランスが崩れていて緊張状態になり、全身のバランスも崩れます。

 

 

本来の正しい噛み合わせとは、顎の位置が顎周囲の筋肉がリラックスする位置にあり、本人が心地良いと感じる場所でしっかりと良く噛めて、しかも全身が安定する場所になりますが、顎の状態が非常に安定している人と不安定な人がいて、不安定な人は顎の位置によって噛み合わせの位置が日々変化してしまうため、正しい噛み合わせの位置(理論的には中心位と中心咬合位が一致する場所) を正確に取ることはたとえ咬合を熟知している歯科医師でも困難なことなのです。

 

 

噛み合わせ治療や歯列矯正を行っても不調が良くならなかったり、余計にひどくなってしまったとしても、削ったり抜いたりした歯を元に戻すことはできません。

治療にはリスクと高額な治療費が伴うのです。

噛み合わせが原因の不調であったからといって、歯科治療をしたから改善できるというような簡単なものでもありません。

 

 

ご自分のお身体を知り尽くし、噛み合わせ(咬合)治療をしなくても安定する身体(顎の状態)にすることが理想的な解決策であると考えます。

 

 

高額な歯科治療を受けることなく様々な不調を改善をするために、オリジナルマウスピース『バイトバランサー』を使用して今までの噛み癖によるロックをはずして顎周囲の筋肉がリラックスする安定する位置に顎を動かし、顎周辺の筋肉をはじめ全身の筋肉を整え、顎の位置と全身のバランスを整える手技により、様々な身体の不調を改善していきます。