院長プロフィール

月岡 利英

1965年生 新潟県出身

 

東邦歯科医療専門学校卒業し、平成3年歯科技工所開業。

顎咬合学会創設会長主催の研修施設「国際デンタルアカデミー」を主席で卒業後、口腔設計(oraldesign)を確立した世界のトップ技工士WilliGeller氏の元で学び、世界基準の技工技術と認められた者だけが入会できるoraldesignの日本人初のメンバーとなる。 

 

歯科技工士として噛み合わせ治療に特化した歯科医師と連携し、顎関節症の患者様の治療にも携わるようになる中で、顎の位置が全身を歪ませ、頭痛や首の痛みなど様々な不調の原因となっていることがわかり、噛み合わせを治療をする上でも顎の位置を正しい位置に整えることが重要なことから、世界的歯科咬合学の権威である田中朝見先生のセミナーをすべて受講、専門学校で整体、カイロプラクティック、気導術で気功、オステオパシー、キネシオロジー、クラニオセイクラル(頭蓋骨矯正法)といった様々な治療方法を学ぶ。

 

平成9年より歯科医師からの要望もあり、患者様の理想的な顎の位置を見つけるための整体施術を引き受け、同年歯科咬合学の理論を応用したマウスピース「バイトバランサー」を開発。

幅広い方のお役に立つべく、平成26年に目黒区鷹番(東横線学芸大学)に移転開業。